信州山里だより

2018-07-09

山歩き 7月8日

 

全国的に大雨の被害が広がりましたが、

申し訳ありませんがきのこ達には恵みの雨になったようです。

 

 

歴史的な空梅雨で夏のきのこは絶望的だったのですが、

先週の様子が嘘のように顔を出してきました。

 

 

夏のきのこの常連であるアンズタケ、アカヤマドリ、

そしてちょっと早めですがチチタケまで出てきました。

 

 

アンズタケ

20180709-1.jpg

 

アカヤマドリ(幼菌)

20180709-2.jpg

 

チチタケ

20180709-3.jpg

 

 

まだまだ収穫量は少ないですが今後に期待が持てそうです。

 

 

まとまった雨が降るとあまり季節を問わず出る

オオホウライタケはどこにでも見かけますが採る人はまれです。

ちょっと苦みはありますが、きのこの野趣を楽しむには充分なきのこです。

 

 

オオホウライタケ

20180709-4.jpg

 

個性的な風味が人気の山菜、モミジガサの花が杉林の中でひっそりと咲いています。

 

 

モミジガサの花

20180709-5.jpg

 

 

 

 

 

アサギマダラが群舞する花、フジバカマもつぼみをふくらませてきました。

 

 

フジバカマ

20180709-6.jpg

 

2018-07-06

山歩き 7月1日

史上最速の梅雨明け宣言!
夏のきのこにとっては前途多難な夏の幕開けとなりました。
心配だったので夏きのこの採集場所を覗いてみましたが、
毒きのこの一本すら見えませんでした。

 

一気に真夏の趣になりました。
山際から見る空も入道雲で夏の空。

 

夏の空20180702-1.jpg

 

こんな時はマイナスイオン溢れる清流が恋しくなります。

 

清流20180702-2.jpg

 

そんな清流のかたわらにはヤマオダマキの花がひっそりと咲いていました。

 

ヤマオダマキ20180702-3.jpg

 

夏の山菜は種類が限定されますが、高地ではヤマヨモギが採れます。
天ぷらにするとそのインパクトある香りは
山菜天ぷらのアクセントになります。

 

ヤマヨモギ20180702-4.jpg

 

山では植物以外にもいろいろな出会いがあります。
アゲハチョウは蜜を求めてサワウツギから離れません。

 

サワウツギ20180702-5.jpg

 

アゲハチョウ

20180702-6.jpg

 

帰り道に出会ったのはヤマドリの雄。
車を止めさせて悠々と道を横断していきました。

 

ヤマドリ120180702-7.jpg

 

ヤマドリ220180702-8.jpg

 

 

 

 


 

2018-06-26

山歩き 6月23日

 

朝の5時ちょっと前、素晴らしい朝焼けだった。

見た事がない程濃いピンク色の空......。

 

 

朝焼け1

20180625-1.jpg

 

 

朝焼け2

20180625-2.jpg

 

 

今までならただただ感動して終わるのですが

地震や火山の噴火などが連続している現状を考えると

何かの兆候かと心配してしまいます。

 

 

到着した高原ではたくさんの花が咲き誇り、

初夏のクライマックスというところでしょうか。

 

 

高原の原っぱ

20180625-3.jpg

 

 

ミゾホウズキ

20180625-4.jpg

 

ラショウモンカズラ

20180625-5.jpg

 

 

 

タケシマラン

20180625-6.jpg

 

正体不明のラン?2種

20180625-7.jpg

 

 

20180625-8.jpg

 

 

谷を覆い尽くした残雪もほぼなくなり夏がそこまで来ています。

 

 

残雪の谷

20180625-9.jpg

 

今週もナラタケと出会いましたが、

例年と比べ湿気が足りないのでしょうか育ちが悪いようです。

 

 

ナラタケ1

20180625-10.jpg

 

 

ナラタケ2

20180625-11.jpg

 

 

夏が本番の山菜、ミズ菜(ウワバミソウ)も採り頃を迎えています。

 

 

ミズナ

20180625-12.jpg

 

 

 

 

 

2018-06-18

山歩き 6月17日

 

6月も中旬だというのに高地の朝は寒い。

思わず息を吐いてみたが白くはない。

そこまでは寒くないにしてもセーターや日差しが恋しくなる。

朝日が恋しい!

 

 

朝日

20180618-1.jpg

 

 

沢沿いも春が進み、ヤマウドなども採り頃となってきましたが

ずうっと出会いを楽しみにしていたものに会うことができました。

ナラタケです。

ナラタケは梅雨の時期、湿った倒木に出ます。

秋ほどではありませんが、年によってはかなりの収穫となります。

 

 

ナラタケ

20180618-2.jpg

 

 

クロクモソウもようやく大きくなってきました。

天ぷらにアクセントを付ける素材として貴重です。

 

 

クロクモソウ

20180618-3.jpg

 

 

クレソンも花が咲き最盛期が過ぎようとしています。

 

 

クレソン

20180618-4.jpg

 

山道を歩く楽しみの一つはやはり草花との出会いです。

ラショウモンカズラ(紫の花)、ズダヤクシュ(ぺんぺん草のよう)

クルマバソウ(右下の葉が輪生した白い小花)の群生や

クルマバツクバネソウの群生です。

 

 

山野草の群生

20180618-5.jpg

 

クルマバツクバネソウの群生

20180618-6.jpg

 

 

2018-06-12

山歩き 6月10日

森の中は下草がうっそうと茂り夏の風情です。

エラ(ミヤマイラクサ)も伸びすぎて採取できません(写真の

手前から中程に生えている)。

 

 

森の中

20180611-1.jpg

 

遅めの山菜イケマも採り頃になってきました。

甘味の強いおいしい山菜です。

 

 

イケマ

20180611-2.jpg

 

 

タチアザミも至る所に群生し、時間があれば採って帰りたいのですが

割く時間がありません。

アザミ類はほとんど食べられます。

 

 

タチアザミ

20180611-3.jpg

 

 

一方狭い谷の中にはまだ雪が残り、入っていけないところもあります。

 

 

残雪の谷

20180611-4.jpg

 

そんな状況の中では、春が始まったばかりで

ヤマブドウもまだかわいらしい若芽状態です。

 

 

ヤマブドウ

20180611-5.jpg

 

 

そんな初夏から夏にかけて、沢や森の中には個性的な花がいろいろ咲いています。

 

 

クルマバツクバネソウ

20180611-6.jpg

 

 

 

 

テンナンショウ

20180611-7.jpg

 

シラネアオイ

20180611-8.jpg

 

トチ

20180611-9.jpg