信州山里だより

2018-06-04

山歩き 6月3日

 

先週は一日は根曲り竹採り、もう一日は高地での山菜採りでした。

 

 

竹の子採りはいつも不安です。

またこの出発点に戻ってこれるのかと一抹の不安がよぎります。

竹藪に入ると常に位置を確認しながら採ります。

しかしたまに夢中になり、はっと気が付くと位置関係を見失っていることに気付きます。

 

 

その瞬間に襲われる絶対的な孤独感は日常生活では味わえないものです。

いろいろな想いが瞬時に込み上げてきます......。

 

 

竹藪に入る時は、傷つける恐れがあるのでカメラを携帯しません。

写真がなくてすみません。

 

 

高地での山菜採りは快適です。

まさに天国の佇まいで、下界の皆さんに申し訳ないくらいの幸福感に包まれます。

 

 

そんな幸福感を象徴しているのがサンカヨウかもしれません。

 

 

この花は下界の草花とは一線を画した花の付き方をします。

フキの葉に似た大小二つの不揃いの葉が出て、

その小さい方の葉に可憐な白い花が付きます。

まるで「大きな事より小さな事の方に幸せがあるんだよ」とでも伝えているかのようです。

 

 

サンカヨウの花

20180604-1.jpg

 

 

シャクの白い花が咲くようになるとシャクの採取時期の終わりを知らされることになります。

このさわやかな香りとも一年間はお別れです。

 

シャクの白い花

20180604-2.jpg

 

?な草

20180604-3.jpg

 

 

こんもりと何となく迫力を感じるこの草は何でしょう。

正解はトリカブトです。

今にも花が咲きそうですが、トリカブトの花は秋に咲きます。

 

この時期にこれだけ精力的な強さを醸し出しているのに

花が咲くのが数か月先というのはとても不思議です。

毒をしっかり蓄えてから花が咲くのでしょうか。

 

おいしい山菜、タマガワホトトギスやモチコゴミ(イッポンワラビ)

も採り頃です。

 

タマガワホトトギス

20180604-4.jpg

 

モチコゴミ

20180604-5.jpg

 

2018-05-29

山歩き 5月27日

 

標高1500mを超える高地は残雪がここかしこにあり、

その周りは春がスタートしたばかりです。

 

 

残雪とミズバショウ

20180529-1.jpg

 

 

残雪とエンレイソウ

20180529-2.jpg

 

 

春を告げるスミレ、オオバキスミレも満開です。

 

 

オオバキスミレ

20180529-3.jpg

 

 

早めに出るシダの中では多分コゴミよりおいしい

キヨタキシダも採り頃になっています。

 

 

キヨタキシダ

20180529-4.jpg

 

 

 

クレソンはまだ葉が茂らず、もう少し取るのを待ちましょう。

 

 

クレソン

20180529-5.jpg

 

 

たくさん採れたヤマブキショウマは「草鍋」に使うことにしましょう。

 

 

ヤマブキショウマ

20180529-6.jpg

 

 

 

 

2018-05-21

山歩き 5月20日

 

5月に入っての気候の乱高下の効果か、山菜の成長具合が意外と遅く、

それ程高地でなくてもまだまだ山菜が楽しめます。

 

 

ソバナは目立たない姿をしていますが、

秋になると目も覚めるような釣鐘型の紫の花を連ねます。

急斜面に生える山菜で、たくさん採ろうとすると命がけです。

ほんのり甘く、お浸しにします。

 

 

ソバナ

20180521-1.jpg

 

ヤブレガサはモミジガサの兄弟分みたいな山菜で、

そのユニークな姿は一度見ると忘れません。

天ぷら、お浸しで頂きます。

 

 

ヤブレガサ

20180521-2.jpg

 

ユキザサは甘みの強い山菜で花が咲くまでが採集期です。

可憐な花は茶花にも利用されます。

 

 

ユキザサ

20180521-3.jpg

 

サルナシはキウイフルーツの原種に近く、秋になる実を切断すると

キウイフルーツのミニチュア版そのものです。

若芽を天ぷらにします。

 

 

サルナシ

20180521-4.jpg

 

 

タマガワホトトギスはきゅうりの香りのする山菜で、お浸しや天ぷらなどにします。

夏頃咲く黄色の花は趣き深く茶花向きです。

 

 

タマガワホトトギス

20180521-5.jpg

 

ヤマウコギはとげのある木に出る若芽を、混ぜごはんやお浸し、天ぷらにします。

ウコギご飯は飯田地方の郷土食です。

 

 

ヤマウコギ

20180521-6.jpg

 

 

2018-05-07

山歩き 5月6日

 

連休中は里山と標高の高い山を行き来しましたが、

里山の方は順調に山菜が出ていてピークを迎えようとしています。

 

 

モミジガサやウドブキ(ヨブスマソウ)もちょうど食べ頃です。

 

 

モミジガサ

20180507-1.jpg

  

  

 

ウドブキ

20180507-2.jpg

 

 

一方標高の高い方は林のここかしこに雪が積もり、春は始まったばかりです。

かろうじて雪解けから顔を出したフキノトウのみが春を告げていました。

 

 

フキノトウ

20180507-3.jpg

 

 

山菜の出方に一喜一憂している中で春の草花達が

「もっと春を楽しんで」とばかりに咲き誇っています。

 

 

ヒトリシズカ

20180507-4.jpg

 

 

サンカヨウ

20180507-5.jpg

  

 

エンレイソウ

20180507-6.jpg

 

2018-05-02

山歩き 4月30日

 

この時期山はいろいろな表情を見せてくれます。

芽吹きを迎え、柔らかなモスグリーン一色の山もあれば、

残雪で春がまだ来ていない山もあります。

 

 

芽吹きの山1

20180502-1.jpg

 

 

芽吹きの山2

20180502-2.jpg

 

 

残雪の山

20180502-3.jpg

 

 

「コゴミはもう遅いぞ」という山もあれば、

冬のきのこのヒラタケが出ている山もあります。

 

 

コゴミの群生

20180502-4.jpg

 

 

ヒラタケ

20180502-5.jpg

 

 

 

おおむね、里山ではいい感じで山菜が出ています。

 

 

ヤマウド

20180502-6.jpg

 

 

ハンゴンソウ

20180502-7.jpg

 

 

ゴマナ

20180502-8.jpg

 

トリアシショウマ

20180502-9.jpg

 

 

そんな中、林の中で見かけたイカリソウの花が、これから植物達が

山の中で繰り広げる素晴らしいドラマの幕開けを告げているようです。

 

 

イカリソウ

20180502-10.jpg