信州山里だより

2014-01-16

山野草の楽しみ・・・山歩き総集編6


これまで5回シリーズで昨年1年間に採って来た山菜、きのこを
全部ではありませんが、時系列でご紹介してきました。

今回から2回にわたり、その間に出会うことができた
可憐な花々をご紹介しましょう。

今回は春の花です。
里山で春一番の花と言うと、ダンコウバイでしょうか。
まだほとんど褐色がかった山の中にあって、
部分的に黄色の霞がかかったように見えるのがダンコウバイ。

小さな黄色の花が枝全体に付くのでそんな風に見えますが、
近づいて見ると、香水のようなやや強めの香り。
ほのかに香っていると悪くない匂いですが、
近づきすぎると強烈で嫌味な臭い。
昔、朝鮮では種子から油を取り頭髪用に用いたとか。



ダンコウバイ20130406dankoubai.JPG

 


続いて咲き出すのがキブシ。
房状に花が付き独特の雰囲気を持っていますが、
実にはタンニンを多く含み、昔お歯黒の原料にも使われました。



キブシ20130406kibushi.JPG

 


さらに続いてクロモジの花も咲き出します。
ご存知、爪楊枝の代名詞でもあり、原料でもある香木です。
繊細な枝を折ってみると、甘いジンジャーのような香りがします。
昔は香料として化粧品や石鹸などに利用され、
又根や枝は漢方薬として様々に利用されました。
花も可憐で私の好きな花の一つです。


クロモジ20130420kuromoji.JPG

 


木の花が先行しますが、徐々に地面も賑やかになっていきます。
野から里山では、カキドウシ、スミレ類、ケマン類、
ショウジョウバカマ、シュンラン、ウスバサイシン......。

身近に出て来る草花を調べてみると、実に多くのものが
民間薬として昔から利用されていて、先人の知恵に驚かされます。

例えばカキドウシは
さわやかな香りのする和製ハーブとも言える草ですが
昔から疳の虫の妙薬として虚弱児の強壮剤に用いられ、
その他糖尿病を始めとして様々な薬効が認められています。


カキドウシ201304kakidousi.JPG


ミヤマスミレ20130414miyamasumire.JPG



キケマン20130420kikeman.JPG

 


ショウジョウバカマ20130420shoujoubakama.JPG



シュンラン20130420shunran.JPG

 


ウスバサイシン20130420usubasaisin.JPG

 


チゴユリ20130504tigoyuri.JPG

 


里山から深山に入っていくと
「清純」「可憐」といった言葉にふさわしい山野草が続々出て来ます。


ニリンソウ20130429nirinsou.JPG

 


エンレイソウ20130429enreisou.JPG

 


ヤマエンゴサク20130428yamaenngosaku.JPG

 


アズマイチゲ20130429azumaitige.JPG

 

 

 

 

2013-12-25

初秋のきのこ達・・・山歩き総集編4



秋一番のきのこと言うとウスムラサキホウキタケや

ナラタケモドキが挙げられます。

8月の終わりから9月の初めに出て来ます。

ウスムラサキホウキタケは、食べられないきのこが多い

ホウキタケの仲間の中で数少ない食べられるきのこ。

生えている姿は神秘的ですが味は平均的です。

 

ナラタケモドキは豊作の年ですと林のあちこちの枯幹に

花が咲いているようでとても幻想的です。

 

ウスムラサキホウキタケ

20130906usumurasakihoukitake.JPG

 

 

 

ナラタケモドキ

20130922naratakemodoki.JPG

 

 

 

 

9月も半ばになってくると続々といろいろなきのこが出て来ます。

松林ではハツタケ、アカハツ、ショウゲンジ、

カラマツ林ではアミハナイグチやジコボウ(ハナイグチ)

雑木林ではイッポンカンコー(ウラベニホテイシメジ)

アカンボウ(サクラシメジ)、ハンノキイグチ、クロカワ、...。

 

山道沿いではオオイチョウタケやハタケシメジといった具合です。

 

どのきのこも個性的でおいしいものが多いですが、

個人的にはハツタケを網焼にして一杯が一番好きです。

 

ハツタケ

2013091hatutake.JPG

 

 

 

 

アカハツ

20130910akahatu.JPG

 

 

 

 

ジコボウ(ハナイグチ)

20160906jikobou.JPG

 

 

 

 

イッポンカンコー(ウラベニホテイシメジ)

20130913ipponkankou.JPG

 

 

 

 

アカンボウ(サクラシメジ)

20130913akanbou.JPG

 

 

 

ハンノキイグチ

20130913hannokiiguti.JPG

 

 

 

クロカワ

20130910kurokawa.JPG

 

 

 

ハタケシメジ

20130922hatakesimeji.JPG

 

 

 

9月半ばから10月半ばまでがきのこの最盛期で

きのこ採りにとっては期待と不安が入りまじり

精神的にも肉体的にも疲れる時期です。

2013-12-18

夏のきのこ採り!7月8月!・・・山歩き総集編3


6月に入ると標高を高めにしていくことにより、
5月に採れる山菜も継続して採れますが
主役は根曲り竹になります。

そして7月から8月は主戦場は夏のきのこに変わります。

この時期はヨーロッパで人気のきのこもいろいろ出て来て
秋のきのこ採りとは一味違う楽しみ方ができます。

イタリアでポルチーニ、フランスではセップと呼ばれる
高級きのこの仲間、ヤマドリタケモドキや、
ヨーロッパで庶民の味として定着している
アンズタケ、又タマゴタケなども採れます。



ヤマドリタケモドキ20130810yamadoritakemodoki.JPG

 


アンズタケ20130711annzutake.JPG

 


タマゴタケ20130720tamagotake1.JPG

 


タマゴタケ220130803tamagotake2.JPG

 


タマゴタケは毒キノコの多いテングタケ科では数少ない食菌で
味の方も一級品です。



典型的な毒きのこテングタケ20130706tenngutake.JPG

 


夏場で一番よく見かけるきのこがベニタケ科のきのこですが、
色も変化に富み又毒のあるもの、食べられるもの様々で
長野の人はあまり手を出さないきのこですが、
私は結構好きでよく採ります。



ベニタケ科の食菌カワリハツ20130804kawarihatsu.JPG

  


ベニタケ科の食菌アイタケ20130728aitake.jpg

  


ベニタケ科の食菌チチタケ20130720tititake.JPG

 


ベニタケ科のきのこは乳液の出るものと出ないものに大別されますが
乳液の出る典型的なきのこがチチタケです。

毎年お盆前後から出始め、
栃木県ではこのきのこを使ったうどん、「チタケうどん」
が県民食のように人気があります。

夏の山を彩るきのこの中でベニタケと同じくらいに勢力を誇るのが
先程のヤマドリタケモドキも属するイグチ科のきのこです。

傘の裏が網目になっているのが大きな特徴です。

この仲間は毒菌が少なく食菌が目白押しです。
今年採ったイグチ科の食菌の一部を紹介しましょう。



アカヤマドリ20130910akayamadori.JPG

  


アカヤマドリの幼菌20130720akayamadoriyoukin.JPG

   


アカジコウ20130711akajikou.JPG

 

 


コガネヤマドリ20130711koganeyamadori.JPG

  


ススケヤマドリタケ20130720susukeyamadoritake.JPG

 


セイタカイグチ201308261seitakaiguchi.JPG

 

 

 

 

2013-12-11

山菜本番突入!5月6月!・・・山歩き総集編2

5月に入るといよいよ山菜本番となります。

標高を徐々に上げていろいろな山に入ると、

7月半ばくらいまで山菜を採り続けられます。

 

里山ではハナイカダやウワミズザクラを採ります。

 

ハナイカダは葉の中央に花が付くというユニークな山菜。

ウワミズザクラは若芽・つぼみ・花・実などを

季節を追って楽しむことができます。

 

つぼみの塩漬けは「杏仁子(あんにんご)と呼び、

新潟県で珍重されていますが

杏の種の香りがして乙なつまみとなります。

 

ハナイカダ

20130518hanaikada.JPG

  

 

 

ウワミズザクラのつぼみ 

20130414uwazumizakuratubomi.JPG

  

 

ウワズミザクラの花

20130518uwazumizakurahana.JPG

  

 

深山では王様級の山菜が続々と出てきます。

モミジガサ・ミズ(ウワバミソウ)・ウドブキ(ヨブスマソウ)

ユキザサ・シャク・エラ(ミヤマイラクサ)・ヤブレガサ

ソバナ・ヤマウド...。

 

採りきれない豊富な種類の山菜に囲まれ、

一番忙しく、又一番幸福な時期です。

どれも個性がありおいしい山菜です。

 

モミジガサ

20130512momijigasa.JPG 

 

ウドブキ(ヨブスマソウ)

20130512udobuki.JPG

  

 

 

シャク

20130602syaku.JPG

  

 

エラ(ミヤマイラクサ)

20130525era.JPG

 

 

 

ヤブレガサ

20130512yaburegasa.JPG

  

 

 

ソバナ

20130525sobana.JPG

  

 

山菜取りのかたわらできのこも採れます。

アミガサタケの仲間や、ウスヒラタケ、ナラタケなどです。

 

トガリアミガサタケ

20130429togariamigasatake.JPG

 

 

 

ウスヒラタケ

20130629usuhiratake.JPG

 

 

 

ナラタケ

20130601naratake.JPG

 

 

 

 

2013-12-04

いよいよ冬眠!・・・山歩き総集編1



1124をもって今年の山歩きは終了となりました。

これから3ヶ月ばかりは冬眠させて頂きます。

3月の半ばから11月の終わりまで8ヶ月間、本当に楽しい山歩きでした。

 

今日から4回シリーズで今年の山歩きを振り返ってみたいと思います。

 

今年最初の山菜取りといいますか野草採りは

3月16日の河原の土手でのカンゾウ採りでした。

 

春の山菜の中で私にとってカンゾウが一番大事なものです。

と言いますのも、

カンゾウは3月から5月まで標高の違いにより

長い期間採ることができ、

又味の方も万人向きのくせのないおいしさで

いろいろな料理に応用ができるからです。

 

 

カンゾウ

20130323kanzou.JPG

  

 

 

その後フキノトウ、ナズナ、ツクシなどを山里で採り続けました。

 

 

ナズナ

20130323nazuna.JPG

  

 

 

ツクシ

20130323tukusi.JPG

 

   

4月に入ると里山の山菜が手に入るようになります。

ワサビやコゴミ、ニワトコなどです。

ニワトコはなじみのない山菜ですが、

つぼみや芽を天ぷらやおひたしで食べることができる木です。

つぼみはその形から山のブロッコリーとも呼ばれています。

 

 

ニワトコ

20130406niwatoko.JPG

 

  

ワサビも長野周辺の里山の沢には多く自生していて、

重宝する山菜です。

葉や茎を漬物などに利用します。

根は市販されているものと比べるととても小さいので採りません。

 

 

 

ワサビ

20130406wasabi.JPG

  

 

 

4月も後半になるとタラノメ、コシアブラ、ジュウモンジシダ

イワガラミ、アケビ、リョウブなどを里山で採ります。

 

この時期の山菜は木の芽の場合が多いです。

一般的にはこの時期から山菜シーズンとなります。

 

 

 

コシアブラ

20130506kosiabura.JPG

 

 

 

 

イワガラミ

20130506iwagarami.JPG

 

 

 

 

 

 

リョウブ

20130506ryoubu.JPG

 

 

 

 

アケビ

akebi.JPG

 

 

 

ジュウモンジシダ

20130420juumonjisida.JPG

 

 

 

 

5月以降の山菜は次号でお伝えします。