信州山里だより

2013-06-05

6月1,2日の山菜採り日記

春先のメルマガでハルザキヤマガラシの話をしました。
以前は河原中心に見かけましたが、
ここ最近急速に勢力を拡大している帰化植物と話しましたが、
次の写真が現実を物語っています。

黒姫山麓で見かけたハルザキヤマガラシの群生20130526ハルサキヤマガラシ.JPG
春先のハルザキヤマガラシの若芽20130316ハルサキヤマガラシ.jpg

高原のヤマブドウは若芽の時から豊作を予感させる姿を見せています。
若芽の天ぷらは、鮮烈な酸味が持ち味でキュートな味わいです。

ヤマブドウの若芽20130601ヤマブドウ.JPG

標高の低いところでは花茎が伸びて白い花を咲かせているシャクですが
標高1300mの高地では
出始めたところで、いかにもやわらかでおいしそうです。
香りはセリに近くニンジンの香りもします。
おひたしにすると個性が際立ちとてもおいしいです。

シャク20130602シャク.JPG

梅雨時には必ず顔を出すナラタケ。
秋のような大群生とはいきませんが、この時期のきのこは貴重で
贅沢な満足感に浸りながら、おろし和えで食します。

ナラタケ20130601ナラタケ.JPG

最後は今週の山野草

イチリンソウは白い花が普通ですが、
このような淡いブルーや、紫の花も見かけます。
息をのむような美しさです。

イチリンソウ20130602イチリンソウ.JPG

名前の分からない山野草です。
何ともユニークなツートンカラーの花が特徴ですが、
ユーモラスな感じもあり、楽しい山野草です。

名前の分からない山野草20130602名前不明山野草.JPG

ヤマエンゴサクの群生です。
くせのない山菜でもありますが、その可憐さにとても食べる気にはなりません。

ヤマエンゴサク20130602ヤマエンゴサク.JPG

2013-05-29

5月25,26日の山菜採り日記


好天が続き山も乾いています。
急斜面に出る山菜も多く、
その斜面が乾いているととても滑り易く危険です。

急斜面に出る山菜で代表的なものは前にご紹介した
モミジガサとソバナです。

モミジガサは地滑り地帯のような急斜面によく出ていますが
平地にも出ています。

ソバナのソバの意味は急斜面という意味があり、
文字通り急斜面でしかなかなかお目にかかれない山菜です。
甘みがあってくせのないおいしい山菜で
秋には紫色のかわいい花を咲かせます。

モミジガサ20130525モミジガサ.JPGソバナ20130525ソバナ.JPG
エラは正式名がミヤマイラクサですが、
北信地方ではこの名で呼ばれることが多いです。
くせがなくほんのりとした甘味がありとても人気の高い山菜ですが
全草にとげが密生していて、素手で採ると飛び上がるほど痛いです。

エラ20130525エラ.JPG季節は初夏となり1000m以下の標高ですと
山菜の時期が終わりかかって来ましたが、
雪深い山の沢はまだまだ雪におおわれています。

雪におおわれた沢20130525残雪の沢.JPG

これからの時期は残雪を求め、春を追いかけ、
標高の高い山地が採集の場となります。

1300mの標高の高原は今が春です。
融けた雪の直後に出るふきのとうは
とてもきれいな黄色で輝いています。

残雪とフキノトウ20130526残雪とフキノトウ.JPG

ところで、フキノトウに雌雄があるのをご存知でしょうか。
厳密に言うと、フキには雌株と雄株があり、
どちらからもフキノトウが出て花が咲きます。
そして花の状態になると、雌雄が判別可能となります。

雌株の花は白っぽく一つ一つの花も小さめで全体に地味な感じです。
雄株の花は黄色っぽく一つ一つの花も大きめです。

フキノトウ雌株20130526フキ雌花.JPG

フキノトウ雄株20130526フキ雄花.JPG

2013-05-22

5月18日の山菜採り日記

里山ではウワミズザクラの花が満開です。

以前つぼみの状態のものを紹介しましたが、
試験管ブラシのような白い花は自由奔放にあらゆる方向に向かって
咲いています。
秋には赤や黒い実が付いて、果実酒に使います。

ウワミズザクラ20130518ウワミズザクラ花.JPG
ハナイカダは葉に直接花が付いて咲き、
その姿がイカダに乗っている人のようだとその名が付いていますが、
くせのない山菜です。
花が咲いたところを採って吸い物に浮かべるととても風情があります。

ハナイカダ20130518ハナイカダ.JPG

春先にニリンソウと間違えてトリカブトを食べてしまい、
中毒(多くの場合死に至る)になってしまったと
報道されることがありますが、葉の形は実によく似ています。

場所によっては群生しているニリンソウの中にトリカブトが生えています。
ニリンソウはおいしい山菜ですが、採る時は十分に注意して
ゆめゆめ鎌でバサッと刈るような採り方は止めましょう。

ニリンソウ20130518ニリンソウ.JPG

トリカブトの若芽20130518トリカブト若芽.JPG

トリカブトの生長した姿20130518トリカブト成長中.JPG

最後は山野草の楽しみ。

私の好きな花の一つで、高貴で清楚な花、ヤマシャクヤクです。
写真は開花直前の状態ですが急峻な山の中でこの花に出会うと
一瞬時間が止まり、えも言われぬ幸福感に心が満たされます。

ヤマシャクヤク20130518ヤマシャクヤク.JPG

2013-05-15

5月11,12日の山菜採り日記

ようやく山菜本番となってきました。

例年より1週間から10日遅れているような気がします。

今日はたくさんの種類の山菜を採りましたが
その中の個性派を紹介しましょう。

ヤブレガサは名前と形がこれ程一致するものはないと思える程
感動的な姿をしています。
風味はおだやかで適度なキド味があります。
和えものや天ぷらでいただきます。

ヤブレガサ20130512ヤブレガサ.JPG
モミジガサはヤブレガサの仲間で
山菜の宝庫、東北ではシドケと呼ばれ人気の高い山菜です。
滑り易い急斜面に生えていることが多く、採るのがやっかいな
山菜ですが苦労のしがいのあるおいしい山菜です。
キクとセリをミックスしたような独特の香りは
他の山菜にはないものです。
おひたしや和えもの、天ぷらに。

モミジガサ20130512モミジガサ.JPGウドブキは
長野の山菜マニアにとっては1、2位の人気のある山菜です。
正式名はヨブスマソウとイヌドウナの2種類があり、この2つを
総称してウドブキと呼んでいます。

雪深い深山が適地でウドとフキを一緒にしたようなさわやかな
香りは他に類を見ません。
おひたしにするのが一番おいしいと思いますが、
利用価値はたくさんあります。

ウドブキ20130512ウドブキ.JPG山菜採りの最中に見かける山野草も大きな楽しみです。
可憐な3種をご覧下さい。

シロバナエンレイソウ20130512シロバナエンレイソウ.JPG
ヒトリシズカ20130512ヒトリシズカ.JPGイカリソウ20130511イカリソウ.JPG
山の中でおもしろいものを見かけました。

枯れて折れた木の幹ですが、ぽっかりと穴があいています。
キツツキの仲間の巣だったようですが、
幹の半分以上が空洞になっていて、
これが致命傷となって枯れてしまったのかもしれません。

鳥の巣穴のある幹20130511鳥の巣幹.JPG

2013-05-08

ゴールデンウィーク中の山菜採り日記

ゴールデンウィークは何日も山に入りましたが、
山菜の中心はまだ里山で、雪が残る深山は
ようやく芽吹きが始まろうとしているところです。

里山では山菜となる木の芽のシーズンです。

イワガラミは、木や岩や時には地面に広がるつる性の植物。
きゅうりのような香りがする山菜でおひたしや天ぷらに。

リョウブは明るい黄緑の若芽で昔からききんの時の「かてもの」
としてごはんに混ぜられました。リョウブご飯以外でも天ぷらや和えものに。

ご存知コシアブラは今やとてもポピュラーで人気の高い山菜となりました。
人気がありすぎて山道沿いのコシアブラも
タラノメ同様枯れているものが多いです。

イワガラミ20130506イワガラミ.JPG

リョウブ20130506リョウブ.JPG


コシアブラ20130506コシアブラ.JPG


白い花を咲かすモミジイチゴは
とげの鋭い枝に時々痛めつけられますが
6月に成るぽってりとした色の実はとても甘くおいしいです。

オオバタネツケバナはクレソンの兄弟のような存在で、
やはり水辺に育ち、味はクレソンにひけをとりません。

チゴユリは可憐な白い花で魅了しますが、
実は弱い毒があるようです。日陰に群生します。

モミジイチゴ20130506モミジイチゴ.JPG


オオバタネツケバナ2030506オオバタネツケバナ.JPG


チゴユリ20130504チゴユリ.JPG


さて、雪の残る深山はと言うと、ようやくユキザサが出て来ました。

茶花にもなる星を散りばめたような白い花を咲かすユキザサですが
食べてみるとくせがなく、甘みのあるとても優秀な山菜です。

ルイヨウボタンは葉がぼたんの形をしているのでその名がありますが
その独特の姿は枯野の中で目立ちます。
おいしそうな葉ですが食べられません。

雪の残る深山の風景20130506残雪残る深山.JPG


ユキザサ20130505ユキザサ.JPG


ルイヨウボタン20130505ルイヨウボタン.JPG