信州山里だより

2013-05-08

ゴールデンウィーク中の山菜採り日記

ゴールデンウィークは何日も山に入りましたが、
山菜の中心はまだ里山で、雪が残る深山は
ようやく芽吹きが始まろうとしているところです。

里山では山菜となる木の芽のシーズンです。

イワガラミは、木や岩や時には地面に広がるつる性の植物。
きゅうりのような香りがする山菜でおひたしや天ぷらに。

リョウブは明るい黄緑の若芽で昔からききんの時の「かてもの」
としてごはんに混ぜられました。リョウブご飯以外でも天ぷらや和えものに。

ご存知コシアブラは今やとてもポピュラーで人気の高い山菜となりました。
人気がありすぎて山道沿いのコシアブラも
タラノメ同様枯れているものが多いです。

イワガラミ20130506イワガラミ.JPG

リョウブ20130506リョウブ.JPG


コシアブラ20130506コシアブラ.JPG


白い花を咲かすモミジイチゴは
とげの鋭い枝に時々痛めつけられますが
6月に成るぽってりとした色の実はとても甘くおいしいです。

オオバタネツケバナはクレソンの兄弟のような存在で、
やはり水辺に育ち、味はクレソンにひけをとりません。

チゴユリは可憐な白い花で魅了しますが、
実は弱い毒があるようです。日陰に群生します。

モミジイチゴ20130506モミジイチゴ.JPG


オオバタネツケバナ2030506オオバタネツケバナ.JPG


チゴユリ20130504チゴユリ.JPG


さて、雪の残る深山はと言うと、ようやくユキザサが出て来ました。

茶花にもなる星を散りばめたような白い花を咲かすユキザサですが
食べてみるとくせがなく、甘みのあるとても優秀な山菜です。

ルイヨウボタンは葉がぼたんの形をしているのでその名がありますが
その独特の姿は枯野の中で目立ちます。
おいしそうな葉ですが食べられません。

雪の残る深山の風景20130506残雪残る深山.JPG


ユキザサ20130505ユキザサ.JPG


ルイヨウボタン20130505ルイヨウボタン.JPG

2013-05-02

4月28,29日の山菜採り日記

ゴールデンウィーク前半3連休のうちの2日間は
戸隠を中心に山に入りました。

好天にも恵まれ、春のどかな光の中、
雪の残る戸隠連峰はことの他美しかった。

戸隠の山並み20130429戸隠.JPGまた、戸隠高原に春を告げる可憐な花達も
その美しさを競い合っていました。

アズマイチゲ20130429アズマイチゲ.JPG

ヤマエンゴサク20130428ヤマエンゴサク.JPG

エンレイソウ20130429エンレイソウ.JPGニリンソウ20130429ニリンソウ.JPG


山菜の方はというと、
四月は低温の日がかなりあってとても遅れています。

そばやのおかみにたずねると、
山菜採りのお客様は空振りのようですよとのこと。

里の春は桜が象徴するように早めに来た感がありますが
山の春は反対のようです。

ただ例年この時期に採れるアミガサタケは豊作でうれしい誤算でした。

アミガサタケは
フランスではモリーユと呼ばれ、フランス料理で人気のキノコ。

トガリアミガサタケ20130429トガリアミガサタケ.JPG


2013-04-24

4月20日の山菜採り日記

今朝は氷点下に近い寒さでとても4月下旬とは思えない気候です。
セーターの上にダウンジャケットという重装備で山に向かいました。

今日は最初に芋井にある「神代桜」を見に行きました。
先週はつぼみだったので多分今日は見頃でしょう。

神代桜20130420ジンダイザクラ.JPG残念ながら上部のほうは花が咲いていません。
神代桜は国の天然記念物のエドヒガンザクラで、高さ20メートル、
根回り9メートルの巨木で推定樹齢は1200年だそうです。

ジュウモンジシダがちょうど採れ頃となりました。
あまり知られていない山菜ですが、
あくがなく、和え物や天ぷらにします。

ジュウモンジシダ20130420ジュウモンジシダ.JPG
シュンランが見頃となって来ました。
林のところどころにひっそりと高貴な花を咲かせています。
花は食用となるのですが、その高貴な姿になかなか手を出すことが
できません。
特別な会の時だけ採ってきて、酢の物や、お吸い物に使います。

シュンラン20130420シュンラン.JPG
ウスバサイシンも暗めの林の中にひっそりと花を咲かせています。
暗紫色の花に見えるのは葉柄で、その奥に小さな花が隠れています。
ウスバサイシンの根は漢方では鎮静、鎮痛剤として使われます。

ウスバサイシン20130420ウスバサイシン.JPG
クロモジの花も咲き始めました。
ツマヨウジのことをクロモジと呼びますが、
クロモジは香りのよい香木でツマヨウジ以外にも
昔は香料として化粧品や石鹸などに利用されました。

クロモジ20130420クロモジ.JPG
春の林の中でひときわ存在感を放つショウジョウバカマ。
鮮やかなピンク色で独特の花形は、単調な林の中の褐色の地面に
軽快なアクセントを作り出します。

ショウジョウバカマ20130420ショウジョウバカマ.JPG

2013-04-17

4月14日の山菜採り日記

桜が散り始めると心の中にあった何となく華やいだ、
何となく浮き浮きした高揚感が薄れて行き、年に数回ある
自分の中の日本人遺伝子を確認する作業が終わります。

ただ私にとって桜が散り始めることは、少しも寂しいことでなく
むしろ嬉しいことなのです。
なぜなら、
いよいよ山菜の本格的な季節が始まろうとしているからです。

という訳で、本日も山に向かいます。

山の桜と言うとヤマザクラが有名ですが、他にもあまり知られていない
桜の木があります。

チョウジザクラは花の形が横から見ると丁字(クローブ)に
似ているのでその名が付いていますが、人知れずひそかに咲いています。

チョウジザクラ

20130414チョウジザクラ.JPG
ウワミズザクラはブラシ状の白い花が特徴で
満開になるとなかなかの存在感です。
今日の状態はまだつぼみですが、このつぼみが珍味となります。
新潟県ではこのつぼみを塩漬けにしてアンニンゴ(杏仁子)
として珍重します。
クマリンの独特の香りと味わいは酒のつまみとしても異彩を放ちます。

ウワミズザクラ(つぼみ)

20130104ウワミズザクラ.JPG

キブシの花も最盛期となって来て、薄黄色の花が山のここあそこに
明るいアクセントを付けています。

キブシ20130414キブシ.JPG

春の花の中でスミレも印象深い花です。
日本には50種類程あるそうですが、なかなか判別が難しいです。
群生したスミレに遭遇すると、
秘密の花園に入りこんだような気がします。

スミレ20130414ミヤマスミレ.JPG

山の春はまだ遅く本格的な山菜採りにはなってきませんが、
カンゾウやニワトコ、ワサビ、スイバなどがたくさん採れました。

2013-04-10

4月6日の山菜採り日記

この時期の山菜採りは里と里山を行ったり来たりする。
里ではツクシやカンゾウ、ナズナ、カラスノエンドウ、フキノトウ
などを採り、里山では早目に採れる山菜を頂戴する。

今日は今年度里山で本格的に採り始める初日となった。
と言っても採れるものは限られている。
ニワトコ、コゴミ、ワサビなど。

4月初めの里山はまずダンコウバイの明るい黄色の花が
山の春の到来を告げてくれる。
それに続き、キブシの花も黄色に色づいて来る。

ダンコウバイは香りが強く、一輪挿しに活けておくと部屋中に
香りが立ち込める。
朝鮮では種子の油を頭髪用に用いたそうである。

               ダンコウバイ20130406ダンコウバイ.JPG
キブシは花房が垂れ下がり、独特の雰囲気を持つ花だ。
その実にはタンニンが多く含まれ、江戸時代には「お歯黒」の
原料にされたそうだ。

               キブシ20130406キブシ.JPGニワトコは私が北信濃の里山で一番最初に採る山菜で、
4月初めから採れ始める。
最初からつぼみができていて、大きくなると山のブロッコリーと
言われるようなブロッコリー状となる。
つぼみや葉を天ぷらや和え物にして食べる。

ニワトコは別名接骨木(セッコツボク)と言って湿布剤として使われた。
又、腎臓の薬としても有名で、他にも利尿、解毒、鎮痛抗菌、神経痛
リウマチにも効くそうだ。

              ニワトコ20130406ニワトコ.JPGコゴミが出始めた。

私の入る里山はそんなに群生していないが、4月の下旬に
もう少し標高の高い山に入ると、まさに雑草のごとく群生し、
採る元気がなくなってしまう程だ。

               コゴミ20130406コゴミ.JPG今日最後はワサビ。
長野市周辺の里山で清水が湧いていたり、清らかな流れのあるところには
ワサビの群生地がかなりある。

今日行った場所は一番早く生長する私のワサビ畑。
お浸しにすると最高ですね。

               ワサビ20130406ワサビ.JPG