信州山里だより

2012-09-12

9月8,9日(土、日)きのこ採り日記

まだまだ暑い北信濃の山々。そして先週は雨が全く降らなかった。
という訳で、夏のきのこは依然としてそこそこ出ていますが、

秋のきのこはなりを潜めました。

例年だとイッポンカンコー、アカンボ、ジコボウが顔を出し始めるのですが。

相変わらず元気に出ている夏のきのこカワリハツ 
  

  カワリハツ20120902カワリハツ.JPGタレを塗り網焼きにするととてもおいしい。

あきらめずに林の中を歩いていると切り株の上にこんなきのこが。
  

  マツオウジ  20120908マツオウジ.JPGこれはマツオウジといって、春~秋まで出るきのこで

ほのかに松ヤニの香りがして、とてもシコシコ歯ごたえがあるおいしいきのこです。

但し人によって少しあたるという代物なのでやっかいなのです。
私はあたったことはないのですが。

さらに里山を歩いているとこんなものに遭遇。

20120909熊檻.JPG熊用の檻です。檻の中にはまだ青いじゃかいもがいっぱい!

畑の隣で人家からも数10メートルしか離れていない場所。
この時期まだ山の木の実が熟していないので、各地で熊が出没しているようです。

本当にきのこ採りは命がけです。

2012-09-05

9月2日(日)きのこ採り日記

山の日差しはまだまだ強いですが、林の中の空気はひんやりとして来ました。

やっかいなのは相変わらず元気な蚊やブヨ達。
虫除けスプレーを塗っても毎回数箇所は刺されます。
 
きのこの方は夏のきのこの名残りと秋のきのこの走りが両方楽しめる時期、

と思いきや夏のきのこが大発生。アカヤマドリが今期最高の収穫となりました。

  こんな感じで生えているアカヤマドリ20120902アカヤマドリ.JPGところが秋のきのこの方もナラタケモドキが大群生。

  ナラタケモドキの大群生20120902ナラタケモドキ.JPG

これだからきのこ採りは止められない。雨もあまり降らないというのに

何とカワイイ奴らなんだ!!と言う訳で

今晩のやま茶屋のメニューには
===========================
  
  アカヤマドリのソテー      650円
  ナラタケモドキのおろし和え  450円
  カワリハツの網焼        550円
  チチタケとなす・豚肉のソテー 650円
  ホウキタケのバターソテー   650円

===========================

など山のきのこがてんこ盛りです。

2012-08-22

きのこ採り日記

 お盆が過ぎても残暑の厳しい毎日が続いていますが、この時期の山のきのこと言えばチチタケが代表選手。明るい朱色のきのこは暗い森の中でとても目立ちます。

 チチタケはとても良い出汁が出るので栃木県ではこのきのこを使ったチタケうどんが大変な人気です。

   チチタケ20120811チチタケ.JPG

アンズタケもヨーロッパで人気が高いきのこですが、こちらも鮮やかな黄色のきのこです。

くせのないおいしいきのこで、やま茶屋では酢の物にしてお出ししています。

  こんな風に生えているアンズタケ    アンズタケ.JPG

2012-08-08

きのこ採り日記

 酷暑とも言える暑さが続いていますが、こんな暑さの中でも夏の茸は元気に出ています

 タマゴタケは卵のような殻が割れて見事なハデハデの赤の傘が出て来るカワイイきのこですが、人によってはとでも毒々しく見えるようで、あまり採る人はいません。ヨーロッパでは人気が高く、洋風の料理に向いています。

20120728タマゴタケ.JPG

 

2012-07-22

夏のきのこ採り

今日からは本格的に夏のきのこ採り。遅れていた夏のきのこがやっと出てきました。
アンズタケ・ヤマドリタケモドキ・アカヤマドリ・マイタケ・カワリハツなど。

7.22-1yamadoritakemodoki.jpg写真のきのこはヤマドリタケモドキ。イタリアの高級きのこポルチーニ茸の仲間でとてもおいしい。大分なめくじに食べられています。

7.22-2yamadoritakemodoki.JPGこんな感じで生えているヤマドリタケモドキ。