信州山里だより

2013-04-17

4月14日の山菜採り日記

桜が散り始めると心の中にあった何となく華やいだ、
何となく浮き浮きした高揚感が薄れて行き、年に数回ある
自分の中の日本人遺伝子を確認する作業が終わります。

ただ私にとって桜が散り始めることは、少しも寂しいことでなく
むしろ嬉しいことなのです。
なぜなら、
いよいよ山菜の本格的な季節が始まろうとしているからです。

という訳で、本日も山に向かいます。

山の桜と言うとヤマザクラが有名ですが、他にもあまり知られていない
桜の木があります。

チョウジザクラは花の形が横から見ると丁字(クローブ)に
似ているのでその名が付いていますが、人知れずひそかに咲いています。

チョウジザクラ

20130414チョウジザクラ.JPG
ウワミズザクラはブラシ状の白い花が特徴で
満開になるとなかなかの存在感です。
今日の状態はまだつぼみですが、このつぼみが珍味となります。
新潟県ではこのつぼみを塩漬けにしてアンニンゴ(杏仁子)
として珍重します。
クマリンの独特の香りと味わいは酒のつまみとしても異彩を放ちます。

ウワミズザクラ(つぼみ)

20130104ウワミズザクラ.JPG

キブシの花も最盛期となって来て、薄黄色の花が山のここあそこに
明るいアクセントを付けています。

キブシ20130414キブシ.JPG

春の花の中でスミレも印象深い花です。
日本には50種類程あるそうですが、なかなか判別が難しいです。
群生したスミレに遭遇すると、
秘密の花園に入りこんだような気がします。

スミレ20130414ミヤマスミレ.JPG

山の春はまだ遅く本格的な山菜採りにはなってきませんが、
カンゾウやニワトコ、ワサビ、スイバなどがたくさん採れました。

2013-04-10

4月6日の山菜採り日記

この時期の山菜採りは里と里山を行ったり来たりする。
里ではツクシやカンゾウ、ナズナ、カラスノエンドウ、フキノトウ
などを採り、里山では早目に採れる山菜を頂戴する。

今日は今年度里山で本格的に採り始める初日となった。
と言っても採れるものは限られている。
ニワトコ、コゴミ、ワサビなど。

4月初めの里山はまずダンコウバイの明るい黄色の花が
山の春の到来を告げてくれる。
それに続き、キブシの花も黄色に色づいて来る。

ダンコウバイは香りが強く、一輪挿しに活けておくと部屋中に
香りが立ち込める。
朝鮮では種子の油を頭髪用に用いたそうである。

               ダンコウバイ20130406ダンコウバイ.JPG
キブシは花房が垂れ下がり、独特の雰囲気を持つ花だ。
その実にはタンニンが多く含まれ、江戸時代には「お歯黒」の
原料にされたそうだ。

               キブシ20130406キブシ.JPGニワトコは私が北信濃の里山で一番最初に採る山菜で、
4月初めから採れ始める。
最初からつぼみができていて、大きくなると山のブロッコリーと
言われるようなブロッコリー状となる。
つぼみや葉を天ぷらや和え物にして食べる。

ニワトコは別名接骨木(セッコツボク)と言って湿布剤として使われた。
又、腎臓の薬としても有名で、他にも利尿、解毒、鎮痛抗菌、神経痛
リウマチにも効くそうだ。

              ニワトコ20130406ニワトコ.JPGコゴミが出始めた。

私の入る里山はそんなに群生していないが、4月の下旬に
もう少し標高の高い山に入ると、まさに雑草のごとく群生し、
採る元気がなくなってしまう程だ。

               コゴミ20130406コゴミ.JPG今日最後はワサビ。
長野市周辺の里山で清水が湧いていたり、清らかな流れのあるところには
ワサビの群生地がかなりある。

今日行った場所は一番早く生長する私のワサビ畑。
お浸しにすると最高ですね。

               ワサビ20130406ワサビ.JPG

2013-04-03

4月3日の山菜採り日記

今回は野や山でなく、街中に食べられる草がないかと
お店の周りを散策してみました。

まず目に付いたのはオオイヌノフグリとヒメオドリコソウ。
可憐なコバルトブルーとピンクの花ですが
どちらもヨーロッパ原産の帰化植物で、そのたくましい生命力により
街中にも勢力を拡大しています。
残念ながら食べられません。

オオイヌノフグリ20130320オオイヌノフグリ.jpgヒメオドリコソウ20130320ヒメオドリコソウ.jpg次はギシギシ。
どこにでも見かける雑草ですが、別名オカジュンサイと言って
食べられます。

中心にあるさや状のぬるぬるした若芽を食べますが、
酸っぱくてほろ苦く、酢の物や和え物にします。

ギシギシ20130320ギシギシ.jpg次はナズナ。
春の七草のひとつで、おひたしにすると小味があってとてもおいしいです。
私の大好きな野草の一つです。

ナズナは花の状態になるとぺんぺん草と呼ばれますが
これは実の形が三味線のバチに似ているからです。

「ぺんぺん草が生える」...荒れ果てた状態、
「ぺんぺん草も生えない」...何にも残っていない状態
で言葉の使われ方はどうもかんばしくありませんが、
すぐれた野草です。

ナズナ20130320ナズナ.jpg次はタネツケバナ。
クレソンの仲間でさわやかな香りがあり、サラダやおひたしにして
食べます。

タネツケバナ20130320タネツケバナ.jpg次はヨモギ。
団子にしたり、天ぷらにしたりして食べますが
春の香りを身近で感じさせてくれる野草ですね。

ヨモギは食べるだけでなく世界的な民間薬でもあります。
日本ではお灸のもぐさの原料として有名ですが
お茶にして飲むと肝臓病、気管支炎、高血圧、婦人病、神経痛などに
利くそうです。
また美容やダイエット効果もあるそうです。

ヨモギ20130320ヨモギ.jpg次はノゲシ。
傷つけると白い乳液が出ますが早春から食べられる野草です。
やや苦味がありますが、サラダ、天ぷら、おひたしなどで食べます。

ノゲシ20130320ノゲシ.jpg最後はノボロギク。
この草は今日ご紹介した中で唯一毒草です。
ヨーロッパ原産の帰化植物ですが発癌物質を含むそうです。

ノボロギク20130320ノボロギク.jpg
という訳で、街中のわずかな土地にも食べられる草は
いろいろあります。

これから散歩に最適な季節となりますが
街を歩きながらこんな自然の生命力探しをしてみてはいかがですか。

2013-03-29

3月23日の山菜採り日記

春が進行して来ました。

先週は出始めだったカンゾウも
本格的に出始め、自然の息吹きの力強さを実感させてくれます。

カンゾウ

20130327-1.JPGツクシが出始めました。
春のイメージを思い浮かべる時に、確固たる存在感を示すツクシ。
子供の頃、道端に出ている姿を見付けると
思わず摘んでしまった可愛らしいツクシですが、
春の食材としてもかなりのすぐれものです。

私が酒の肴として大好きなのは佃煮です。
醤油の味と独特のほろ苦さがからみ合い絶妙のつまみとなります。
広範囲に利用でき、和えもの、寄せもの、酢のもの、卵とじ、
ツクシご飯など、いろいろ楽しめます。

ツクシ20130327-2.JPG次はナズナ。
長野の人にはそれ程人気がありませんが、
中信・東信の人はよく食べられるようです。
おひたしにして食べますが、独特の小味があって
我が家でも大変人気の野草です。

ナズナ20130327-3.JPG最後はヨモギです。
こちらもごく身近な野草で、ご存知の方も多いですが
そのすぐれた全容は意外と知られていないのでは?

お料理としては、ヨモギだんご、煮びたし、天ぷらなど
いろいろ楽しめますが、天ぷらにすると天ぷら油に臭いが
ついてしまうので気を付けて下さい。

ヨモギは世界中で広く用いられる民間薬で
日本ではお灸のもぐさの原料として有名ですが
その他にも、お茶にして飲むと、
肝臓病、気管支炎、止血作用、婦人病、高血圧、神経痛、
水虫などに薬効があり、
又、美肌、ダイエット、ストレス解消などの美容効果もあります。

ヨモギ20130327-4.JPG

2013-03-22

3月17日の山菜採り日記

4ヶ月の冬眠を経て、ようやく野に出ました。

 

暖かな3月の日差しのおかげで、

風のないところでは陽だまりのように居心地が良く、

そのまま眠ってしまいそうでした。

 

カンゾウが出て来ました。

 

カンゾウは私の大好きな野草で、

名前のとおりほのかな甘みとくせのない味わいは

どんな料理にも向くすぐれものです。

 

カンゾウ

20130316カンゾウ.jpg 次はカラスノエンドウ。

 

子供の頃この実を使って笛にして遊びました。

 

若芽の部分だけを摘んで辛煮にしたり、天ぷらにします。

 

 

カラスノエンドウ

20130316カラスノエンドウ.jpg 次は皆さんご存知のノビル。

 

軽く味噌漬けにすると酒の肴に最高。

 

他にもちょっとくせのある味わいは、おやきにしても

おいしいですし、存在感のある料理ができ上がります。

 

ノビル

20130316ノビル.jpg 次はスイバ。

 

こちらも子供の頃、茎をかじってくせになるその酸味を楽しみました。

 

スイバはフランス料理でも使われ、主に魚料理のソースになります。

 

スイバ

20130316スイバ.jpg 最後はハルサキヤマガラシ。

 

こちらはヨーロッパ原産の帰化植物。

 

最近の長野市近辺では、みるみる勢力を拡大しています。

 

5月~6月に戸隠の道路沿いに

見事に黄色の花を咲かせています。

 

クレソンに似た味わいですが、より苦味が強いです。

おひたしや、サラダにします。

 

ハルサキヤマガラシ

20130316ハルサキヤマガラシ.jpg