信州山里だより

2013-04-03

4月3日の山菜採り日記

今回は野や山でなく、街中に食べられる草がないかと
お店の周りを散策してみました。

まず目に付いたのはオオイヌノフグリとヒメオドリコソウ。
可憐なコバルトブルーとピンクの花ですが
どちらもヨーロッパ原産の帰化植物で、そのたくましい生命力により
街中にも勢力を拡大しています。
残念ながら食べられません。

オオイヌノフグリ20130320オオイヌノフグリ.jpgヒメオドリコソウ20130320ヒメオドリコソウ.jpg次はギシギシ。
どこにでも見かける雑草ですが、別名オカジュンサイと言って
食べられます。

中心にあるさや状のぬるぬるした若芽を食べますが、
酸っぱくてほろ苦く、酢の物や和え物にします。

ギシギシ20130320ギシギシ.jpg次はナズナ。
春の七草のひとつで、おひたしにすると小味があってとてもおいしいです。
私の大好きな野草の一つです。

ナズナは花の状態になるとぺんぺん草と呼ばれますが
これは実の形が三味線のバチに似ているからです。

「ぺんぺん草が生える」...荒れ果てた状態、
「ぺんぺん草も生えない」...何にも残っていない状態
で言葉の使われ方はどうもかんばしくありませんが、
すぐれた野草です。

ナズナ20130320ナズナ.jpg次はタネツケバナ。
クレソンの仲間でさわやかな香りがあり、サラダやおひたしにして
食べます。

タネツケバナ20130320タネツケバナ.jpg次はヨモギ。
団子にしたり、天ぷらにしたりして食べますが
春の香りを身近で感じさせてくれる野草ですね。

ヨモギは食べるだけでなく世界的な民間薬でもあります。
日本ではお灸のもぐさの原料として有名ですが
お茶にして飲むと肝臓病、気管支炎、高血圧、婦人病、神経痛などに
利くそうです。
また美容やダイエット効果もあるそうです。

ヨモギ20130320ヨモギ.jpg次はノゲシ。
傷つけると白い乳液が出ますが早春から食べられる野草です。
やや苦味がありますが、サラダ、天ぷら、おひたしなどで食べます。

ノゲシ20130320ノゲシ.jpg最後はノボロギク。
この草は今日ご紹介した中で唯一毒草です。
ヨーロッパ原産の帰化植物ですが発癌物質を含むそうです。

ノボロギク20130320ノボロギク.jpg
という訳で、街中のわずかな土地にも食べられる草は
いろいろあります。

これから散歩に最適な季節となりますが
街を歩きながらこんな自然の生命力探しをしてみてはいかがですか。

2013-03-29

3月23日の山菜採り日記

春が進行して来ました。

先週は出始めだったカンゾウも
本格的に出始め、自然の息吹きの力強さを実感させてくれます。

カンゾウ

20130327-1.JPGツクシが出始めました。
春のイメージを思い浮かべる時に、確固たる存在感を示すツクシ。
子供の頃、道端に出ている姿を見付けると
思わず摘んでしまった可愛らしいツクシですが、
春の食材としてもかなりのすぐれものです。

私が酒の肴として大好きなのは佃煮です。
醤油の味と独特のほろ苦さがからみ合い絶妙のつまみとなります。
広範囲に利用でき、和えもの、寄せもの、酢のもの、卵とじ、
ツクシご飯など、いろいろ楽しめます。

ツクシ20130327-2.JPG次はナズナ。
長野の人にはそれ程人気がありませんが、
中信・東信の人はよく食べられるようです。
おひたしにして食べますが、独特の小味があって
我が家でも大変人気の野草です。

ナズナ20130327-3.JPG最後はヨモギです。
こちらもごく身近な野草で、ご存知の方も多いですが
そのすぐれた全容は意外と知られていないのでは?

お料理としては、ヨモギだんご、煮びたし、天ぷらなど
いろいろ楽しめますが、天ぷらにすると天ぷら油に臭いが
ついてしまうので気を付けて下さい。

ヨモギは世界中で広く用いられる民間薬で
日本ではお灸のもぐさの原料として有名ですが
その他にも、お茶にして飲むと、
肝臓病、気管支炎、止血作用、婦人病、高血圧、神経痛、
水虫などに薬効があり、
又、美肌、ダイエット、ストレス解消などの美容効果もあります。

ヨモギ20130327-4.JPG

2013-03-22

3月17日の山菜採り日記

4ヶ月の冬眠を経て、ようやく野に出ました。

 

暖かな3月の日差しのおかげで、

風のないところでは陽だまりのように居心地が良く、

そのまま眠ってしまいそうでした。

 

カンゾウが出て来ました。

 

カンゾウは私の大好きな野草で、

名前のとおりほのかな甘みとくせのない味わいは

どんな料理にも向くすぐれものです。

 

カンゾウ

20130316カンゾウ.jpg 次はカラスノエンドウ。

 

子供の頃この実を使って笛にして遊びました。

 

若芽の部分だけを摘んで辛煮にしたり、天ぷらにします。

 

 

カラスノエンドウ

20130316カラスノエンドウ.jpg 次は皆さんご存知のノビル。

 

軽く味噌漬けにすると酒の肴に最高。

 

他にもちょっとくせのある味わいは、おやきにしても

おいしいですし、存在感のある料理ができ上がります。

 

ノビル

20130316ノビル.jpg 次はスイバ。

 

こちらも子供の頃、茎をかじってくせになるその酸味を楽しみました。

 

スイバはフランス料理でも使われ、主に魚料理のソースになります。

 

スイバ

20130316スイバ.jpg 最後はハルサキヤマガラシ。

 

こちらはヨーロッパ原産の帰化植物。

 

最近の長野市近辺では、みるみる勢力を拡大しています。

 

5月~6月に戸隠の道路沿いに

見事に黄色の花を咲かせています。

 

クレソンに似た味わいですが、より苦味が強いです。

おひたしや、サラダにします。

 

ハルサキヤマガラシ

20130316ハルサキヤマガラシ.jpg 

2012-11-08

11月3,4日(土、日)のきのこ採り日記


秋も深まり寒さが身にしみる季節。
戸隠の山もとうとう雪景色となりました。
葉が落ちた林は明るくなり、山道を歩いていても
いつもと違う風情が楽しめます。
そうかと思うと、健気に花を咲かせるリンドウも。

戸隠山雪景色20121103戸隠山雪景色.JPG

明るい林20121104明るい林.JPG

リンドウ20121103リンドウ.JPGきのこの方はあれ程の勢いで出ていたジコボウを始めとした
イグチ系もなりを潜め、寒さのためか色が抜けたヌメリイグチや
寂しげなジコボウがわずかに姿を見せるのみとなりました。

一方晩秋のきのこは好調です。
シモフリシメジやムキタケ、クリタケなどが元気に出ています。

シモフリシメジ20121103シモフリシメジ.JPG

ムキタケ20121104ムキタケ.JPG

クリタケ20121020クリタケ.JPG積もった落ち葉をかき分けるとキナメツムタケも出ています。
又、よい出しの出るアシグロタケも群生!

キナメツムタケ20121104キナメツムタケ.JPG

アシグロタケ20121104アシグロタケ.JPG
温暖化の進行で今年は例年にも増して、
11月に入ってからいろいろなきのこが楽しめます。

2012-10-31

10月27日(土)のきのこ採り日記


朝6時くらいから山に入ると、息が白くなり随分寒くなった
ものだと気候の変化の速さに驚かされます。
紅葉も本番となり、山の表情もとても優しいものになりました。

山の紅葉20121027紅葉風景.JPG今年豊作だったイグチの仲間も最後の頑張りを見せていますが、
寒さのせいか、背を低くして縮こまって体を寄せ合って
健気に出ています。

ヌメリイグチ20121027ヌメリイク゛チ.JPG

 

シロヌメリイグチ20121027シロヌメリイグチ.JPG
ジコボウ(ハナイグチ)もこの時期になるときれいな黄色のものが
増え、生えている姿は名前の通り花が咲いているように見えます。

ジコボウ20121027ジコボウ.JPG秋の後半からが出番のチャナメツムタケ、ムキタケ、シモフリシメジも
順調のようです。

チャナメツムタケ20121027チャナメツムタケ.JPG

 

ムキタケ20121027ムキタケ.JPG

 

シモフリシメジ20121027シモフリシメジ.JPG  
前半が絶不調だった今年のきのこ採りも後半の巻き返しで帳尻が
合ってきたようで、今年も幸せなきのこ採りができました。
山に感謝。きのこに感謝です。