信州山里だより

2013-08-14

8月10,11日の山歩き

先週は劇的に酷暑が復活し、

きのこの状況が大変心配されましたが、

案の定、1週間前とは状況が一変しました。

 

ヤマドリタケモドキなどのイグチ系のきのこが復活し、

その他のきのこもそれなりに出ていて、

とてもいい雰囲気のきのこ状況でした。

 

夏のきのこはやっぱり暑さが好きなのかな?

 

その中でも今回のハイライトはセイタカイグチです。

イグチ系のきのこの中でも特別に個性派で、

赤っぽい柄に隆々と盛り上がった白い網目模様は

自然の造形の豊かさを教えてくれます。

 

味も一級品で歯切れのよいおいしさは格別です。

 

その他、イグチ系きのこのオンパレード!!!

 

アカヤマドリ()、ヤマドリタケモドキ()、ベニイグチ(不食)

オニイグチ()などがカラフルにユニークに出ていました。

 

セイタカイグチ

20130810seitakaiguti.JPG

 

アカヤマドリ(幼菌)

20130810akayamadori幼菌.JPG

 

ヤマドリタケモドキ1

20130810yamadoritakemodoki.JPG

 

ヤマドリタケモドキ2

20130810yamadoritakemodoki2.JPG

 

ベニイグチ(ピンボケですみません)

20130810beniiguti.JPG

 

オニイグチ(大ピンボケですみません)

20130810oniiguti.JPG

 

また、こちらもドハデなきのこ、マスタケ。

(マス)の身の色に似た鮮やかな朱色で、

バターソテーで食べると鶏の笹身を食べているようです。

 

マスタケ

20130810masutake.JPG

 

初秋のきのこナラタケモドキも出ていました。

こんなに暑くなって出ているとは

本当にきのこの気持ちは分かりません。

 

ナラタケモドキ

20130810naratakemodoki.JPG

 

二日目は今年最後の山菜採り。

山菜が食べたいと予約があったので出かけてみました。

 

7月21日にまだ残雪のあった谷に入りました。

さすがに雪は消えていましたが、

水芭蕉が満開でした。

 

今年最後の春に出会うことができました。

山菜数種類とウスヒラタケを採って戻りました。

 

水芭蕉

20130811mizubashou.JPG

 

ウスヒラタケ

20130811usuhiratake.JPG

2013-08-07

8月3,4日の山歩き


日本から長距離を旅することで有名なアサギマダラは
高原でよく見かける蝶です。

浅葱色(薄い水色)のまだら模様が特徴ですが、
このまだら模様は毒を持っている蝶の特徴で
そのため、ふわりふわりと優雅に舞っているアサギマダラは
ほとんど鳥に食べられることはありません。

実際に幼虫の頃から毒草を食べているので
体内に毒が蓄積されています。

写真を撮っていてもほとんど逃げない大胆さは
「自分は絶対食べられない」という自信の表われなのでしょうか。

フジバカマの蜜を吸うアサギマダラ 120130803asagimadara.JPGフジバカマの蜜を吸うアサギマダラ 220130803asagimadara2.JPG

きのこの方はここのところ、まるで日替わりランチのように、
毎週出るきのこが違います。
7月から夏きのこ採りを始めましたが
最初はヤマドリタケモドキなど
イグチ系のきのこが順調に出ていました。
しかし今はあまり出ていません。

その後タマゴタケも堅調に出ていましたが
最近はベニタケ系が主流となりました。

先週はアイタケがたくさん採れましたが、今週はピタリと止まり
代わりに出て来たのがカワリハツです。

又、チチタケの出方も広がりを見せています。

きのこは雨の量と気温に敏感ですから、このところの天候の変化の
激しさにとまどっているのかもしれません。

ヤマドリタケモドキ20130803yamadoritakemodoki.JPG

タマゴタケ20130803tamagotake.JPG

アイタケ20130804aitake.JPG

カワリハツ20130804kawarihatu.JPG

チチタケ20130804tititake.JPG

☆山のきのこ料理はやま茶屋1階で召し上がれます。

2013-08-01

7月27日の山歩き



夏のきのこは色鮮やかなものが多いのですが、
その一つがアイタケです。
神秘的とも言える青緑色で、大理石のような模様がとても美しい。
食感はボソボソしますが網焼やバターソテーするとおいしいです。

アイタケ20130728アイタケ.jpg

アイタケのようなハデなきのこがあるかと思うと
ススケヤマドリタケのようなとても地味なきのこもあります。
ポルチーニ茸の仲間で味は一級品です。
濃いこげ茶色の傘と柄の細かい網目が特徴です。

ススケヤマドリタケ20130720ススケヤマドリタケ.JPG


ツブエノシメジは
アジアンテイストの家具のような印象のきのこで、
傘はさながら籐椅子の上のオフホワイトのクッション。

柄はちょっとデザインをほどこした家具の脚の趣きです。
多少癖のある風味なので濃い味付けが向いています。

ツブエノシメジ20130720ツブエノシメジ.JPG

キヒダタケは裏と表のツートンの色の違いが楽しいきのこです。
傘の表面はなめし皮のような風合いですが、
裏側のヒダは鮮やかな黄色です。
以前は食とされていましたが現在は毒きのこになっています。

キヒダタケ20130720キヒダタケ.JPG

7月の高原で出会う可愛い山野草を三点紹介します。

最初はウメガサソウ。
10㎝くらいの高さしかありませんが、花の形が梅に似ていて、
よくよく見るとユニークな形をしています。

ウメガサソウ20130706ウメガサソウ.jpg

クモキリソウは日陰に咲くラン科の花で
こちらもランとは思えないユニークな形の花です。

クモキリソウ20130711クモキリソウ.JPG


ノギランは名前はランでもユリ科の植物で、
高原に長い茎を立て、涼しげに咲いています。

ノギラン20130720ノギラン.JPG

2013-07-24

7月20,21日の山歩き

今回は二日にわたって涼しい話題を二つ。

初日(7/20)
早朝山に入る前に、ふと空を見上げるときれいなひつじ雲。
まるで秋空のようだ。

ひつじ雲20130720ひつじ雲.JPG

空気もひんやりしていて秋を感じさせる、と思いながら
きのこを採り始めると、なんともうナラタケモドキが出ていました。

8月の終わりから9月の初めに出るきのこですが
勘違いをして出てしまったのでしょうか。
もちろん食べられるきのこです。

ナラタケモドキ20130720ナラタケモドキ.JPG


さらに盆過ぎから初秋にかけて出るチチタケも出ていました。
名前の通り白い乳がたくさん出るきのこですが、
栃木県で熱狂的な人気のきのこです。

チチタケ20130720チチタケ.JPG


さらにさらに9月から出始めるハツタケの姿も!
ハツタケは私の大好きなきのこで網焼にするとお酒が進みます。

ハツタケ20130720ハツタケ.JPG


二日目(7/21)
6月末まで雪に閉ざされていた谷に入ってみました。
雪に埋め尽くされていた谷には雪のかけらもなく
緑におおわれていました。

6月23日の谷20130623雪に埋もれた沢.JPG


7月21日の谷20130721夏の谷.JPG


谷をさらに進むと、ウスヒラタケの群生に遭遇。
こちらはシンプルにおろし和えがおいしい。

ウスヒラタケ20130721ウスヒラタケ.JPG


さらにさらに谷を進むと驚きの光景が!!

驚きの光景120130721驚きの光景1.JPG


驚きの光景220130721驚きの光景2.JPG


残雪が残り、ミズバショウが咲き誇り、フキノトウの花も
咲いていました。
夏の世界にぽっかりと春が取り残された不思議な空間です。

春の山菜を復習して採りました。
フキノトウ、トリアシショウマ、ヤマウド、
ウドブキ(ヨブスマソウ)、モチコゴミ、タマガワホトトギス、
ハンゴンソウ、イタドリ......などです。

豊かでこの上なく贅沢な自然の恵みに、
幸福感に満たされながら谷を下ると、今度はサンカヨウの実が
迎えてくれました。
プラムを小さくしたような紫色の実は甘酸っぱく疲れを癒してくれます。

サンカヨウの花(6/9)20130609サンカヨウ.JPG

サンカヨウの実(7/21)20130721サンカヨウの実.JPG

2013-07-17

7月11日の山菜採り日記

夏はヨーロッパで人気の高いきのこが
長野の地でもいろいろ採れます。

アンズタケはフランスではジロールと呼ばれ、
ヨーロッパで一番ポピュラーなきのこで
世界的に見てもたくさんの国で食べられています。

アンズ色をした分かりやすいきのこで、
ほのかにあんずのような甘い香りがします。

菌輪を作ることが多いので見つけるとたくさん採れます。

アンズタケ20130711アンズタケ.JPG

タマゴタケは幼菌のとき真っ白な卵型をしていて
まさしく名前の通りの形をしています。

やがて卵の上部が割れ、真っ赤な傘が出て来ます。
鮮やかな赤で一見毒きのこに見えますが、
食べてみると、おだやかで旨味のあるきのこです。
ヨーロッパのものは少し種類が違うようです。
洋風でも和風でもどちらもおいしく食べられます。

タマゴタケ20130711タマゴタケ.JPG


ヤマドリタケモドキは先週号でも紹介しましたが、
ポルチーニの仲間で癖がなく、傘は厚く舌ざわりがよく、
柄は太く歯切れがすばらしい。
夏を代表するきのこの一つです。

シンプルに炒めるのがおいしいですが、
たくさん採れた時はオイル漬けにします。

ヤマドリタケモドキ20130711ヤマドリタケモドキ.JPG

詩人室生犀星が、マツタケよりもおいしいキノコと
好物にしていたアカジコウはなかなか採れない幻のキノコ。

採れてもせいぜい2~3本という孤高のキノコで、
ヤマドリタケの仲間です。

ばらのような紅色をした美しいきのこで、
そのほれぼれするような美しい姿を見ると
採るのを忘れ、幸福感に満ちた心でしばらくは眺めています。
(写真のキノコは老成して色が落ちています)。味も一級品です。

アカジコウ20130711アカジコウ2.JPG

コガネヤマドリは同じくヤマドリタケの仲間。
鮮やかな橙色は森の中でとても目立ちます。
味の方はそれなりです。

コガネヤマドリ20130711コガネヤマドリ.JPG

カバイロツルタケはタマゴタケの仲間で、
毒きのこの多いタマゴタケ科の中の数少ない食菌です。

よいダシが出るので汁物などに向いていますが、
生える環境によって他のきのこと間違い易いので私は採りません。

カバイロツルタケ20130711カバイロツルタケ.JPG