信州山里だより

2018-08-07

山歩き 8月4日

あー雨が恋しい!

山は乾き切っています。

 

 

夏のきのこは全滅に近い状況です。

特にイグチ系は厳しい。

唯一見かけたヤマドリタケモドキ。他は全く出ていません。

 

 

ヤマドリタケモドキ

20180806-1.jpg

 

ベニタケ系も厳しいですが、イグチ系よりマシな状況。

カワリハツがわずかに出ています。

 

 

カワリハツ

20180806-2.jpg

 

 

そして大きく予想を裏切ってくれたのがチチタケ。(これもベニタケ系のきのこ)

乾き切った山の中でも結構出ています。

きのこ自体も乾いたきのこですので乾燥に強いのでしょう。

例年並みの出方です。

 

 

栃木県ではこのきのこを使った「チタケうどん」が人気が高く県民食のようですが、

長野ではもう少し違う料理を開発したいと思います。

 

 

チチタケ

20180806-3.jpg

 

 

チチタケ4兄弟

20180806-4.jpg

 

2018-07-30

山歩き 7月28日

心配された台風の影響もあまり大きくなく一安心でしたが、
願わくばもう少しまとまった雨が欲しかったというのが
農家の思いでもあり、私の思いでもありました。

 

山の中はかなり乾いており、腐りきのこや、ドライきのこの
オンパレードで幼菌がほとんど出ていません。
このままでは夏きのこは終わってしまいます。

 

それでも健気に出ているきのこはベニタケ系きのこ。

 

カワリハツ20180730-1.jpg

 

アイタケ20180730-2.jpg

 

イグチ系は幼菌はほとんど見かけず老菌ばかり。

 

アカヤマドリ120180730-3.jpg

 

アカヤマドリ220180730-4.jpg

 

そしてついにやりました。
今年最初のアカジコウ、ゲット!

 

アカジコウ120180730-5.jpg

 

アカジコウ220180730-6.jpg

 


アカジコウ老菌20180730-7.jpg

 

クサボケの実も大きくなり採り頃です。
ジャムや果実酒にします。

 

クサボケ20180730-8.jpg

 

おいしい山菜、ソバナの花が早くも咲いていました。
通常だと初秋に咲くのですが。

 

ソバナ20180730-9.jpg

 

 

2018-07-30

山歩き 7月28日

心配された台風の影響もあまり大きくなく一安心でしたが、
願わくばもう少しまとまった雨が欲しかったというのが
農家の思いでもあり、私の思いでもありました。

 

山の中はかなり乾いており、腐りきのこや、ドライきのこの
オンパレードで幼菌がほとんど出ていません。
このままでは夏きのこは終わってしまいます。

 

それでも健気に出ているきのこはベニタケ系きのこ。

 

カワリハツ20180730-1.jpg

 

アイタケ20180730-2.jpg

 

イグチ系は幼菌はほとんど見かけず老菌ばかり。

 

アカヤマドリ120180730-3.jpg

 

アカヤマドリ220180730-4.jpg

 

そしてついにやりました。
今年最初のアカジコウ、ゲット!

 

アカジコウ120180730-5.jpg

 

アカジコウ220180730-6.jpg

 


アカジコウ老菌20180730-7.jpg

 

クサボケの実も大きくなり採り頃です。
ジャムや果実酒にします。

 

クサボケ20180730-8.jpg

 

おいしい山菜、ソバナの花が早くも咲いていました。
通常だと初秋に咲くのですが。

 

ソバナ20180730-9.jpg

 

 

2018-07-24

山歩き 7月21日

集中豪雨の後は一転してカラカラ天気の猛暑となりました。
きのこ達も苦しんでいます。

 

ヤマドリタケモドキはもがいた結果でしょうか、通常の出方をしていません。

 

ヤマドリタケモドキ120180723-1.jpg

 

ヤマドリタケモドキ220180723-2.jpg

 

しかし林の中はそれなりの適応環境なのでしょうか
意外としぶとく出ています。

 

アカヤマドリ(老菌)120180723-3.jpg

 

アカヤマドリ220180723-4.jpg

 

アカヤマドリ3
20180723-5.jpg

 

アカヤマドリ三兄弟20180723-6.jpg

 

コガネヤマドリ
20180723-7.jpg

 

 

以上はイグチ系のきのこですが、
夏のもう一方の主流派、ベニタケ系もそこそこ出ています。

 

アイタケ20180723-8.jpg

 

カワリハツ

20180723-9.jpg

 

マツオウジは松ヤニのような香りがする個性的なきのこですが
軽い毒性があるので人には勧められません。
しかし肉質がしっかりしていて味もいいので食べる方もいます。

 

マツオウジ20180723-10.jpg

 

2018-07-18

山歩き 7月15日

今週も先週に引き続きヤマドリとの出会いがありました。
それも近くの里山の林道で。
先週のヤマドリも堂々として逃げませんでしたが、
今週のヤマドリは全く逃げず、車で1~2m近づいても平気でした。

 

ヤマドリ120180717-1.jpg

 

ヤマドリ2

20180717-2.jpg

 

 

高原は夏の風情に満ちあふれ、草花は咲き誇り、
虫たちは躍動しています。

 

夏の高原の一コマ
20180717-3.jpg

 

春先に採ったトリアシショウマも見事に花を咲かせ、
クガイソウの花の美しい紫が草原に点在しています。
オニノヤガラはラン科の腐生植物でナラタケの菌と共生します。

 

トリアシショウマ20180717-4.jpg

 

クガイソウ

20180717-5.jpg

 

オニノヤガラ20180717-6.jpg

 

山の夏はいろいろな果実も実ります。
クマイチゴはそのままでいけますが、
サンカヨウの実は味は悪くないですが、種が多すぎて食用には向きません。
一度果実酒にチャレンジしたいと思っています。

 

クマイチゴ20180717-7.jpg

 


サンカヨウ
20180717-8.jpg

 

夏のきのこは例年並みまではいきませんが、ボチボチ出ています。

 

アカヤマドリの老菌20180717-9.jpg

 

ツルタケ20180717-10.jpg

 

ツルタケはデングタケの仲間の中で数少ない食菌ですが
類似の毒きのこも多く、手を出さないのが無難です。