信州山里だより

2017-08-07

先週の山歩きー夏きのこ揃い踏み

雨も上がり、夏らしい一日。
山の気温もかなり高い。
歩くだけで顔から汗がふき出す。


夏も後半に入り、夏のきのこが出揃った感があります。



夏の二大勢力、イグチ系、ベニタケ系も順調に出ていて
さらにタマゴタケ、チチタケも出ています。
量的にも充分で満ち足りた一日になりました。



イグチ系揃い踏み。



アカジコウ120170807-1.jpg

 

アカジコウ220170807-2.jpg

 

アカヤマドリ120170807-3.jpg

 

アカヤマドリ220170807-4.jpg

 

ヤマドリタケモドキ120170807-5.jpg

 


ヤマドリタケモドキ220170807-6.jpg

 

ヤマドリタケモドキ320170807-7.jpg

 

セイタカイグチ20170807-8.jpg

 

コガネヤマドリ20170807-9.jpg

 

ベニタケ系揃い踏み。



カワリハツ20170807-10.jpg

 

アイタケ20170807-11.jpg

 

タマゴタケ20170807-12.jpg

 

チチタケ20170807-13.jpg

 

2017-08-02

先週の山歩きー降りたるは及ばざるが如し



雨の合間をぬって山に入る。
長雨が続いているので、山の状況は予想がつかなかったが、
案の定、いい結果と悪い結果が出た。



今まであまり出がよくなかったベニタケ系やアンズタケがよくなり、
ヤマドリタケ系がしぼんでしまった。



恵みの雨も降り過ぎるときのこを腐らせてしまい
残念な結果となります。



雨に叩かれたきのこ達。



アカヤマドリ20170731-1.jpg

 

直径30㎝超のニセアシベニイグチ20170731-2.jpg

 

ようやく出て来たベニタケ系の食菌達とアンズタケ。



アイタケ20170731-3.jpg

 

カワリハツ20170731-4.jpg

 

アンズタケ20170731-5.jpg

 

長雨が続くとこのきのこも良く出ます。



オオホウライタケ(食菌)20170731-6.jpg

 

早めのチチタケも出てきました。



チチタケ120170731-7.jpg

 

チチタケ220170731-8.jpg

 


印象的な腐生植物との出会いもあります。



シャクジョウソウ20170731-9.jpg

 

そしてとうとう今年初めてのアカジコウに出会えました。
今晩は友人の誕生祝いがあるので、特別料理で出しましょう。


アカジコウ20170731-10.jpg

 

最後に高原でのさわやかなワンショット。
アサギマダラがフジバカマの蜜を吸っていました。



アサギマダラ20170731-11.jpg

 

 

 

2017-07-25

山歩き



ヤマドリタケモドキは好調に出ていますが天敵はナメクジ。
原形がわからないくらいに食べられているものもあります。



ナメクジは人間にとって有毒なきのこもおかまいなしに食べ尽くす。
きのこは外からはナメクジに、中からはハエ類の幼虫に食べられます。
そこに人間が参戦して三つ巴の争いになる訳です。



静かな林の中で、熾烈な闘いが繰り広げられています。



採り出して2時間程で雨が降り出し、
今週はきのこの写真もうまく撮れませんでした。



ヤマドリタケモドキ20170724-1.jpg

 

アカヤマドリ20170724-2.jpg

 

キアミアシイグチ(食べられません)20170724-3.jpg

 

 

 

2017-07-18

山歩き

先週末にまとまった雨があり期待して山に向かいました。
結果は80%の満足度。



イグチ系夏の定番、ヤマドリタケモドキ、アカヤマドリ、
コガネヤマドリ等は順調に出ていました。


ヤマドリタケモドキはイタリアのポルチーニと同じ仲間のきのこ。
おだやかな香りと旨味のある本体は、夏のきのこ採りに絶対に欠かせない。



ヤマドリタケモドキ120170718-1.JPG

 

ヤマドリタケモドキ220170718-2.JPG

 

 

ヤマドリタケモドキ320170718-3.JPG

 

同じくアカヤマドリも大型で橙色、そしておいしい。

存在感は抜群でヤマドリタケモドキと双璧をなす。



アカヤマドリ120170718-4.JPG

 

アカヤマドリ2

20170718-5.JPG

 

アカヤマドリ3

20170718-6.JPG

 


コガネヤマドリも橙色の鮮やかなきのこ。



コガネヤマドリ20170718-7.JPG

 

 

アシベニイグチは本日の写真の中では唯一の毒きのこ。



アシベニイグチ20170718-8.JPG

 

 

タマゴタケも夏のきのこの代表選手ですが、
本格的に出るのはこれからか。



タマゴタケ120170718-9.JPG

 

 


タマゴタケ2
20170718-10.JPG

 

 

満足度が20%足りなかったのはベニタケ系のきのこが
ほとんど出ていなかったからです。
カワリハツやアイタケなど例年たくさん採れるのですが
収穫はゼロ。



昨年も不作でしたから今年もあまり期待できないのかもしれません。



最後に初めて出会った腐生植物の写真です。



正体不明の腐生植物(?)

20170718-11.JPG

 

 

 

2017-07-10

山歩き

7月の声を聞きいよいよ山菜採りから
夏のきのこ採りに移行する時期になりました。
山菜もまだ採りますがメインはきのこです。

ということで勇んできのこ目指して出かけたのですが、
山の中にきのこの影がありません。

例年だとボコボコ出ている
ベニタケ系やテングタケ系のきのこがほとんど出ていません。
かろうじてアンズタケが少し採れただけです。

今年は山菜の出が遅れましたが、きのこも遅れそうです。



アンズタケ20170710-1.JPG

 

 

昔は食べられると書かれていた本もありましたが、
現在は有毒指定のウスタケも出ていました。


ウスタケ20170710-2.JPG

 

 

里山から高原に足を伸ばすとやはりきのこはほとんど出ていませんが、
ウツボグサやクサボケの実などを見かけ、「高原の夏」を実感できました。



ウツボグサ20170710-3.JPG

 

 

クサボケ20170710-4.JPG