信州山里だより

2019-04-01

先週の山歩き

 

寒い春が続くせいか草達の成長が遅いようです。

それでもカンゾウは採り頃になりました。

 

カンゾウ1

20190401-1.jpg

 

 

カンゾウ2

20190401-2.jpg

 

 

ナズナも採り頃です。

 

ナズナ

20190401-3.jpg

 

 

カラスノエンドウも例年より大分遅いのですが、採れるようになりました。

若芽をかき揚げにしたり辛煮にしたりします。

 

カラスノエンドウ

20190401-4.jpg

 

 

アレチマツヨイグサの、地面に張り付いたように広がる

ロゼット状の若芽はとても存在感がありますが食べられます。

 

口に含むとほのかに甘く、

おいしいと思った瞬間口中に広がるざらざら感でふた口目に進めません。

今年は調理法を研究したいと思います。

 

アレチマツヨイグザ

20190401-5.jpg

2019-03-25

先週の山歩き

 

長い冬眠から覚め、ようやく野に出ました。

例年より10日程遅い摘み草の開始です。

 

暖冬だったので、今年は早くからスタートしようと思っていたのですが

意外と草達の出方が遅く、例年より1週間程遅れている感じがします。

 

カンゾウがちょうど採り頃のサイズになってきました。

 

 

カンゾウ1

20190325-1.jpg

 

カンゾウ2

20190325-2.jpg

 

 

どんな料理にも合うカンゾウはこの時期一番のすぐれもの。

 

 

姿が似ているナズナとタネツケバナですが、

ナズナはおひたしに、タネツケバナはサラダに使います。

 

 

ナズナ

20190325-3.jpg

 

タネツケバナ

20190325-4.jpg

 

 

 

ノビルもこの時期採れる中では群を抜いた個性派。

料理のし甲斐がある野草です。

 

ノビル

20190325-5.jpg

 

 

スイバと言えば、フランス料理のオゼイユソースが有名ですが、

今までは酢の物系の料理が多かったので、今年はソースに挑戦してみましょう。

 

スイバ

20190325-6.jpg

 

最後にこの時期に初めて見かけた花を紹介しましょう。

 

ちょっとコウホネに似ていますが、水辺ではなく乾いた斜面に出ていました。

 

初めて出会った花1

20190325-7.jpg

初めて出会った花2

20190325-8.jpg

2019-03-11

山歩き総集編 番外 山野草

 

暖冬だったので、野草もかなり出始めているだろうとの想いで

勇んで野に出てみましたが、結果は空振り。

 

雨が少なかったのと地中の温度が上がっていないのでしょうか。

仕切り直しで来週こそスタートしたいと思います。

 

ということで今回は昨年の山歩きで出会った草花達の姿をご覧ください。

 

春から初夏にかけて。

 

ウスバサイシン

20190311-1.jpg

 

 

キクザキイチゲ

20190311-2.jpg

 

ヤマエンゴサク

20190311-3.jpg

 

イカリソウ

20190311-4.jpg

 

オオバキスミレ

20190311-5.jpg

 

シラネアオイ

20190311-6.jpg

 

クルマバツクバネソウ

20190311-7.jpg

 

タケシマラン

20190311-8.jpg

 

ミゾホウズキ

20190311-9.jpg 

 

ラショウモンカズラ

20190311-10.jpg

 

正体不明のラン?1

20190311-11.jpg

 

正体不明のラン?2

20190311-12.jpg

 

 

 

サワウツギとアゲハチョウ

20190311-13.jpg

 

フジバカマ

20190311-14.jpg

 

 

番外!ヤマドリ

20190311-15.jpg

 

 

オニノヤガラ

20190311-16.jpg

 

クガイソウ

20190311-17.jpg

 

ソバナ

20190311-18.jpg

 

ツリフネソウ

20190311-19.jpg

 

 

クサボケの実

20190311-20.jpg

 

 

ウメバチソウ

20190311-21.jpg

 

 

オケラ

20190311-22.jpg

 

 

タカトウダイ

20190311-23.jpg

 

ハナイカリ

20190311-24.jpg

 

 

 

 

2019-01-02

山歩き総集編5 秋のきのこ2

10月に入ってもきのこは好調で、
ほとんどのきのこが例年以上か悪くても例年並みの出方でした。

 

ナラタケ20181225-1.jpg

 

アイシメジ20181225-2.jpg

 

オオツガタケ20181225-3.jpg

 

コウタケ20181225-4.jpg

 

ヌメリスギタケ20181225-5.jpg

 


ヌメリスギタケモドキ20181225-6.jpg

 

カクミノシメジ20181225-7.jpg

 


シモフリシメジ20181225-8.jpg

 

ムキタケ20181225-9.jpg

 


クリタケ20181225-10.jpg

 


ムラサキシメジ20181225-11.jpg

 

ナメコ
20181225-12.jpg

 

ヒラタケ20181225-13.jpg

 

ただ、11月に入ると雨がほとんど降らず
ムキタケ、クリタケ、ヒラタケなどは最後まで採り切れず残念でした。
とは言え、
シーズンを通してみると、今までの中でベストと思えるきのこシーズンでした。

2018-12-21

山歩き総集編4 秋のきのこ

夏の不作が秋まで持ち越すのか不安でしたが、順調な温度の低下と
適度な雨がその不安を吹き飛ばしました。

 

秋一番のきのこ達も期待を裏切ることなく続々出てきました。

 

ウスムラサキホウキタケ20181217-1.jpg

 

ナラタケモドキ20181217-2.jpg

 

サクラシメジ120181217-3.jpg

 

サクラシメジ2
20181217-4.jpg

 

イッポンカンコー120181217-5.jpg

 

イッポンカンコー220181217-6.jpg

 

ハンノキイグチ
20181217-7.jpg

 

9月半ばになると少し暖かい日もあったせいか、
不作だった夏のきのこが突然出始めました。
その出方は異様と思えるくらいすさまじいものでした。

 

タマゴタケ120181217-8.jpg


タマゴタケ220181217-9.jpg

 

タマゴタケ320181217-10.jpg

アカヤマドリ

20181217-11.jpg

 

ヤマドリタケモドキ20181217-12.jpg

 

セイタカイグチ20181217-13.jpg

 

これら夏のきのこと並行して秋のきのこも順調に出ました。

 

クリフウセンタケ20181217-14.jpg

 

クロカワ20181217-15.jpg

 

シャカシメジ20181217-16.jpg

 


ジコボウ20181217-17.jpg

 

ヌメリササタケ20181217-18.jpg

 

キノボリイグチ20181217-19.jpg

 

きのこ採りを始めて、
初めて夏のきのこと秋のきのこの豊作を同時に楽しむ幸せを噛みしめました。